カテゴリ

2010年10月16日

簡単!?二つ折り財布の作り方・・2日目

寝る
まだ続くの?じゃー寝るよ。


写真を撮りながらの作業は大変です。

気が付くと写真撮り忘れたり。。

細かいところがどうしても撮れません。。。


まだまだ続く財布作り。。。

興味のある方は↓の続きからどうぞ。

今日も大量の文と写真を提供いたします。


猫 写真

日常写真

革・革小物
MSK流「二つ折り財布」2日目
画像はクリックで拡大します。

--------------------------------------------------------------------------------

作業5・床面を整える

床を整えます。  指でやっちゃいますよ。

パーツの裁断が終わったら、床面(裏側)を整えます。

ふ糊やCMCなどたくさんの処理剤がありますが
私はトコノールを使っています。他の物に比べてツルツル感が多いと感じます。
ただし銀面に付くと最悪ですが。。。

ヘラやブラシで塗るのがいいらしいですが、
指でいきます。

ガラス板で磨きます。  休憩。

半乾きになってきたらひたすらガラス板で塗りこみます。
もう腕が痛くなるまで全パーツをひたすら磨きます。

↑のようにツルツルになったら乾燥させて放置です。

ポイントひらめきガラス板は便利です。そんなに高いものではありませんので
購入しておくのがよろしいと思います。革を漉く時にも重宝しますんで。

作業時間:20分

--------------------------------------------------------------------------------

作業6・ベルト部作成

ベルトは中に一枚入れます。  中に一枚入れることでふっくらに

今回は小銭入れ部分をベルト式にします。

財布は薄いのがカッコイイと思ってる私ですので
ベルトなら薄くなんじゃねって感じです。

ポイントひらめき中に一枚革を入れてあげるとふっくらとした見た目になります。
細い部品は穴あけも縫うのも大変ですので慎重に。

作業時間:10分

--------------------------------------------------------------------------------

作業7・組み立て前の小さな作業・コバ処理・穴あけ

コバを荒らします。  コバは磨いて、飾りネンをいれます

カード入れの部分や他の部品のコバを磨きます。
コバとはカットした断面のことです。

↑のようにヤスリで荒らして、トコノールで磨きます。
パーツのコバ処理は
1・荒めのヤスリで削って一回目の磨き
2・細かい目で馴らして二回目の磨き
3・飾りネンを入れる。
4・仕上げに800番程の紙ペーパーで削って磨く

というような工程で仕上げます。
はい。面倒です。

ベルト止めの穴あけ  穴あけできるとことはやっておく  私はネン入れで跡をつけるタイプです  目打ちの穴を落としていきます

他にもベルト止め用の穴をあけて、あけられる穴をあけていきます。

今回は外側をダブル縫いですので先に内側に菱目打ちで穴あけです。
使ってる菱目打ちは、3.5mmピッチの物になります。
クラフト社製の1.5mmと2mmの間くらいになると考えてください。
レザクラやってない人には、わかりづらいかも知れませんが。。。
会社によってサイズの表記が違うので。。

ポイントひらめき穴あけの印ですが、私はネジネンを使っています。
ステッチングルーバーという、糸を埋める為に革を削る道具もあるのですが
私の作品はみんな薄いものばかりで、削ると丈夫さに不安なので使っていません。

ネジネンで印をつけて、穴をあけて、
穴の上をさらにネジネンで革を少し埋めていきます。

作業時間:30分

--------------------------------------------------------------------------------

作業8・漉き作業

漉いていきます。これが難しい!!!  切れる包丁だと作業がはかどりますよ

革が重なる部分などを徹底的に漉いていきます。

ポイントひらめきよく本とかでは、漉く部分は濡らしましょうとかあったような気がしますが
私はそのまま漉きます。床が柔らかすぎる場合は濡らしますが
床処理の時にトコノールを塗っておくのでさらに濡らす事はしません。私はね。。

ガラス板がここで役に立ちますよ。
以前はカッターマットの上で漉いてたんですが
全然うまくいきませんでした。

一番重要なのが、革包丁の切れ味です。
作業前は必ず研いだほうがいいです。
青棒やオイルストーンがあればなおいいのですが
私は持っていませんので、漉く時は2本の革包丁を用意して漉き作業に望みます。
切れなくなったらすぐ変えられるようにです。

本当に漉くのは難しいです。いまだにうまく出来ません。
こればっかりは練習ですね。。。

作業時間:30分

--------------------------------------------------------------------------------

作業9・汚れ落としで保湿

一回目のレザークリンケア  全パーツ。準備が整いました

レザークリンケアで汚れを一度綺麗に拭いておきます。

そして組み立て前の下準備が終わりました。

ポイントひらめき作業をしてる間は革を汚す場合が多いので気をつけてください。
私の場合は一気に作業を出来ないので、片付けをしてる時によく傷や汚れが付きますので
作業の合間合間に乾拭きやクリーナーで汚れを落としながら作業をしています。

最後にパーツの確認が重要です。
組み立ててから穴あけを忘れたり、コバの処理が不十分なところが無いように
念入りにチェックすることをお勧めします。

作業時間:10分

--------------------------------------------------------------------------------

おまけ作業
カード入れに刻印を

カード入れに刻印を入れます。
打つ部分を少し濡らしておくのがポイントです。

--------------------------------------------------------------------------------

下準備で今日は終り。

作業時間合計:1時間40分くらいかな

うちはネコ様がいるので道具を出して作業して
その作業が終わったら片付けてと。

かなり面倒な感じで作業しております。


次回はやっと組み立てと縫う作業に入ります。

縫うのは好きなので一気にやってしまうので
写真は期待しないでください。。。。

また縫う作業は、ネコズの標的になるので一気に進めます。
(糸のヒラヒラがネコにはたまらんらしいのです。。)

一応動画も撮ったのですがうまく撮れなかったので
公開は悩んでおります。


まだまだ続きます。





posted by MSK at 08:00| Comment(0) | leather | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。